« B型肝炎ワクチンについて | トップページ | アデノウイルス感染症について »

2014年8月13日 (水)

水痘ワクチンの公費化について

2014.10月から全国的に水痘ワクチンの公費接種がはじまりました。2回接種です。

○従来水痘ワクチンは1回の接種でしたが、免疫の付き方が不充分なためか、軽くはあっても感染してしまう例も多くありました。アメリカ等では2回の接種で水痘の発症が激減しました。水痘にかかると水痘ウイルスが神経に潜んでいて将来帯状疱疹を発症することもあります。日本でも今後2回接種にして日本から水痘をなくしていこうという考え方です。

○対象は生後12月~36のお子さんで、標準的な接種期間は1回目は生後12月~15月、2回目は初回接種後612カ月(最低3カ月あけて)です。

○どの年齢でも既に水痘にかかった方は接種する意味がないので対象外です。

 

 

 

 

 

 

|

« B型肝炎ワクチンについて | トップページ | アデノウイルス感染症について »